令和4年度基準給与届書提出について(お願い)

福利厚生共済制度における令和4年度基準給与届書の提出について

(お願い)

 

 標記のことにつきまして、福利厚生共済制度規程第13条に基づき、加入職員の委託金額算出に必要となるため、下記のことにご留意のうえご提出ください。

 なお、基準給与届書は、本ホームページ(様式ダウンロード)よりダウンロード(様式6号)することができ、エクセルで直接入力が可能です。その際は、プリントアウト後に公印を押印のうえ、ご提出いただきますようお願いします。

1 提出期限 

  令和4年5月27日(金)必着

2 基準給与額について

 (1) 令和4年4月1日現在の本俸の額(1,000円未満切り捨て)を記入してください。

 (2) 令和4年4月2日以降に加入した職員については、加入月の本俸の額(1,000円未満切り捨て)を記入してください。

   (3) 給与月額が定められていない職員は、経営者と労働契約を締結した賃金に基づいて算出した1か月の額(1か月の平均出勤日数   ×日額)を基準給与としてください。 

   (4) 加入職員の考え方については、次の内容を確認のうえ、加入者全員(委託金中断中の職員を含む)を必ず記入してください。

*この届出により、令和4年(2022年)7月から翌年6月までの委託金が確定することになりますので、誤りのないよう確認のうえ、ご提出ください。(確定後の委託金額の変更は、管理システムの関係上、時間がかかりますので、ご協力をお願いします。)

 なお、届出に誤りがあった場合は、6月10日(金)までにご連絡ください。

 

 問い合わせ 751-1121 福利厚生担当(海老澤)